誰が見るホームページ?デザインを考えて作ろう!

ホームページの情報を見ることは楽しい

ホームページを見るときは様々だと思います。電車の中であったり仕事の休憩中だったり、家に帰って自分の部屋でゆっくり見ることもあるでしょうし、ホームページを見る状況は人それぞれです。どうしてホームページを見る人はこんなにも多いのでしょうか。それは単純にホームページを見ることがとても楽しいからだと思います。情報を求めて自分のお気に入りのホームページを探すこと…それは現代の人にとってトレンドと言えるでしょう。

評価してもらえるホームページ

ホームページを作る場合、見てもらいたいという思いがあるわけですから、どのような人向けに作るのかを考えます。ホームページの内容によってアクセス数も変わってきます。アクセス数を獲得するためにはデザインも重要になってきます。街を歩いていて外観に惹かれてお店に入ることもあると思いますが、ホームページも見た目から入りやすいような作りを重視しましょう。アピールしたい部分をタイトルにして、説明文などは小さな文字で書くようにします。写真やイラストなどの画像を駆使して、全体のバランスを取りながら総合的に評価してもらえるホームページを目指して作りましょう。

色がもたらす効果を使う

ホームページは美しくありたい、格好良くしたい、そんな思いがあるほどデザインも非常に大切になります。女性向けのホームページなら薄いピンクを主体にした背景にすると可愛らしく見えます。黒や青などの色を使えば、透明感や格好良さを引き出すことができるでしょう。ホームページには名前が必要ですが、それは言わばお店の看板みたいなものです。豊富にある書体から気に入ったものを選んで、画像処理等を施してオリジナルの素敵なロゴを作ると見栄えが良くなります。

レスポンシブデザインとは、パソコンやスマホなどの画面の大きさに合わせて、表示を変えるWebデザインの手法です。デザインごとにファイルを分けずに作成します。