何のために行うの?マーケティングオートメーションとはどんなシステムなのか

人手で行っていた業務を自動化して効率を上げる

マーケティングオートメーションとは、人手で行っていた業務を自動化して効率を上げるシステムです。オンライン上で動くクラウド型や、サーバーへインストールして使うソフトウェアもあります。価格は数万円から数十万円ほど、企業の規模によってさまざまなシステムが用意されているのも特徴です。自社に合ったものを選ぶことで最大限の効果を発揮できます。

見込み客の質と量を分析する

マーケティングオートメーションは見込み客を獲得するために行われることも多いです。セミナーなどで見込み客のリストを入手しても、全員が商品を購入してくれるとは限りません。今すぐに欲しいと思っている人がいれば、まだ欲しいとは思っていない人もいます。見込み客の質と量を分析し、成約につながりやすいアクションを見極めていくことが大事です。

見込み客を育てていく

マーケティングオートメーションには見込み客を育てていく役割もあります。見込み客を十分に確保しても、質を上げることができなければ成約にはつながりません。商品をメルマガで売り込むなど、施策を積極的に実施していきましょう。

見込み客を選定していく

マーケティングオートメーションでは見込み客を選定していくことも大事なポイントです。購入意欲が高い人を選べば制約にもつながりやすくなります。アクセス解析などの行動データから関心を分析していくのも効果的です。展示会やセミナーへの参加状況も選定基準になります。メルマガがどのくらい読まれているのか、興味を持ってくれた商品はどれなのかといった細かいデータも調べてみましょう。

マーケティングオートメーションは、顧客の分析、購入意欲の点数化、商品の提案による購入意欲の育成を一つのシステムで行い、質の高い顧客リストを作成するツールです。