余白はデザインの基本?ホームページを魅力的に見せるには

バランスよく余白を入れる

ホームページを制作していると、何も埋まっていない箇所に無理やりコンテンツを入れてしまい、ごちゃごちゃして見づらい設計になりがちです。スッキリしたデザインにするためには、バランスよく余白を入れていくことが基本的なコツとなるため、特に画像や文字周りは注意して余白を配置するようにしましょう。画像と文字周りが特に注意が必要な理由は、単純にそれらが見えづらくなるためです。例えば、文章を改行した間にちょっとした余白を入れることで、文字と文字が適度に離れ一つ一つの文章が見えやすくなります。特に文章が中心となってコンテンツを形成している場合、文字と文字の余白は非常に重要なデザインとなるため、慎重に設計しましょう。

注目してほしいコンテンツと余白

余白はサイトを見やすくするだけでなく、余白に囲まれているコンテンツを注目させる効果も持っています。ホームページの目玉コンテンツであったり、重要事項に関しては、他のコンテンツと距離を離して余白を多く取るといった戦術も必要になるでしょう。

余白で区切りをつける

コンテンツごとにボタンを設定したり、線を間に引くことでコンテンツを区切っているホームページも多いのではないでしょうか。これもコンテンツを分ける一つの方法ではありますが、余白を使って線引させることも可能です。その分スペースを統一させる必要があり、難易度は高くなりますが、スッキリとしたサイトデザインに大きく貢献してくれるやり方なので、一度は挑戦する価値のあるホームページレイアウトでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、閲覧者が使用している端末に合わせて表示を切り替えることができる、webデザインの手法のことです。スマートフォンやタブレット端末の普及により広まりました。