センスがなくても大丈夫?誰でもオシャレに出来るホームページデザインの3つコツ

テキストの整列方法を統一しよう!

ホームページに限らず、センスがない方の多くは「全体像」を把握する事が出来ていません。まず、最初に大切となるのが「テキストの整列方法の統一」です。左揃え・中央揃え・右揃えと3種類ありますが、同一ページ内で途中から整列方法を変える事なく1つに絞って統一感を出すように心掛けると見やすいデザインになります。

テキストにはメリハリをつけよう!

テキスト文章は、文字の大きさ・太さを変更出来るだけではなく、フォント・色・立体感を出すといった様々なカスタマイズが出来ますよね。ただ単に、テキスト文章を記載するのではなく注目して欲しい単語への色を付けや目立つように周囲の文章より大きくする事でより伝えたい事を強調する事が可能となります。テキストを少し大きくする、少し色変えるといった微細な変化よりも大胆に目立たせるメリハリを意識する事が大切です。

色を使い過ぎない!余白も活用しよう!

ホームページをオシャレなデザインにするには「色」の使い方も重要ですよね。デザインに自信がない方は出来るだけ多い色を使おうとしますが、それは間違いなんですよ。多くの色を使用するとパッと見では鮮やかに見えますが、見ていると目が疲れるといったデメリットがあります。目が疲れてくるとホームページの内容が頭に入って来なかったり、もう一度読もうと思わなくなってしまいます。ホームページで取り扱っているテーマに合わせて多くても3色程度に絞る事で統一感やオシャレさを演出する事が出来ます。

また、余白は活用する事で自然とホームページを読んでいる方の視線を注目して欲しい箇所に集められます。余白を無理に埋めるのではなく、余白を活かしたテキスト・画像の引き立て方もオシャレに見せるデザインのコツの1つとなっています。

レスポンシブを考えたウェブページ制作を行う事によって様々なデバイスから快適に操作をする事が可能になります。