それぞれのメリットは?配信方法を決める!

動画配信を始めたい!と思っていても何から始めれば良いか分からなくて挫折している人も多いですよね。動画配信を始めるには、まず配信方法を決める必要があります。動画配信には「プログレッシブダウンロード」と「ストリーミング」の2種類があります。プログレッシブダウンロードは編集した動画をアップロード、ストリーミングはテレビの生放送というイメージ分かりやすいと思います。プログレッシブダウンロードは撮影した動画の見どころだけをまとめて編集したり、効果音やテロップを挿入が可能です。一方、ストリーミングでの動画配信は生放送に近いといった特徴があり、視聴者からの質問に答えたりアンケートを取ったりと視聴者参加型の動画を作れます。それぞれ異なるメリットがある事から自分がしたい動画配信に適した方法を選ぶ事が重要となります。

動画配信に必要な機材とは?

現在では、スマホから手軽に動画を配信出来るサービスも存在しますが、よりクオリティーの高い動画制作をしたい場合には様々な機材が必要ですよね。まず最初に準備するのが、カメラとマイクです。カメラがないと動画撮影は出来ませんし、マイクがないと音声を録音する事が出来ません。それ以外にも、プログレッシブダウンロードで動画配信を行う方は動画編集ソフトも必須です。撮影した動画の要らない箇所をカットしてコンパクトにまとめるだけではなく、様々な演出を取り入れる事が可能です。ストリーミングでは、生放送で便利な複数の効果音が出たりエコーやボイスチェンジャー等が搭載されているソフトが人気です。必要だと感じる機材は予め準備しておくと良いでしょう。

ストリーミングとは、動画など再生する際に、動画を見ながら少しづつ通信することです。動画を見ている間に少し先の動画を通信しているので、すぐに見始めてそのまま見続けられる利点があげられます。