欲しいドメインが既に人の手に渡っている場合はどうすればいい?

交渉が成立すればドメインを譲ってもらうことは可能

好きな文字列のドメインを取得し、サーバーを借りてウェブサイトを始めたいが、欲しいドメインが既に人の手に渡っているという場合、ドメインの所有者と交渉して譲ってもらう方法があります。ドメインが失効するのをひたすら待って、失効と同時に入手するという方法もありますが、いつ失効するのか、そもそも所有者がドメインを失効させる意思があるのかわかりませんし、失効したとしてもライバルが多いと入手は厳しいです。では、所有者とどのように交渉すればいいのでしょうか。まず、相手がドメインを使ってウェブサイトを運営している場合、サイト上に記載されているメールアドレスやSNSのアカウント宛てにメッセージを送ってみるといいでしょう。ドメインを使っているのだから手放すことはないだろうと考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。思い入れが特にないドメインだから、金額によっては手放してもいいということもあり得ます。

ドメインの所有者情報は誰でも見られる

ドメインを使ってウェブサイトを運営していない場合は、ドメイン検索サービスを利用して所有者情報を調べ、記載されているメールアドレス宛にメッセージを送りましょう。基本的にドメインの所有者情報は一般に公開され、誰でも無料で調べられるようになっています。メッセージを送った結果、交渉がまとまってドメインを譲ってもらえるとなった場合は、相手に対してドメインを管理している会社にそのことを伝えてもらい、手続きを進めてもらうことになります。また、ドメインの引取先を用意しなければなりません。個人間で取引するのは不安だという場合は、ドメイン取引サービスを介してやりとりするといいでしょう。

レンタルサーバーとはレンタルできるサーバーのことです。購入する場合と比べて初期費用を抑えることができます。