ステップアッププログラムを組もう!効果的な研修の方法とは?

研修を活用してレベルアップを図ろう

社員のレベルアップを実現するためにはただ漫然と業務に従事させているだけでなく、自分を磨ける機会を与えることが大切です。新入社員や中途採用の社員に研修を行って最低限の教育をするのは一般的ですが、それに加えて全員を対象とした社員研修を実施したり、希望者に対して研修の機会を提供したりするのは効果的でしょう。特に全社員を対象にすれば定期的にレベルアップの機会を与えることになり、全体として社員の実力が向上していくと期待できます。しかし、どのようなプログラムを組めば様々な社員のニーズに応えられる研修が実施できるのかと悩みになることは珍しくありません。その際に導入を検討すると良いのがステップアッププログラムです。

ステップアッププログラムの魅力

ステップアッププログラムとは社員のレベルに応じて適切な研修を行うシステムです。いくつかのステップに研修内容を分けておき、新入社員は下のステップの研修を受講するようにします。そして、研修の受講回数や受講後に実施する効果測定の結果に応じてワンステップ上でのプログラムを受講できるようにするという方法です。これによって社員をレベル分けして適切な内容の研修を実施できるようになります。社員のバリエーションの多さに応じてステップの数をいくつにするかを考え、その分布に応じて研修内容も考えなければなりません。しかし、それによって飛躍的に社員の能力を高められるだけでなく、能力を向上させようという意欲も高められる魅力があります。

新人であれば基礎的なビジネスマナーから始まり、ベテランでも電話や接客応対、会社独自のシステムを学ぶ場として、様々な企業が社員研修を導入しています